アップルの公式発表前にiPhone6パクリを販売で逆提訴?

WICOi6

【厚顔無恥】って、まさしくこのことですね!

iPhone6は2014年秋に発売と予定されていますが、現在はコンセプトモデルだったり、デザインスケッチが飛び回っている最中です。

しかし、既に堂々とiPhone6のロゴまで入れた実機の動画が公開されています。

この「パクリPhone6」を開発したのは、香港メーカーで正式名は「WICO i6(ウィコ・アイシックス)」と言うらしいですが

動画ではiPhone6の正式版はアップル社よりまだ発売されていないので、iPhone5s(正規品)と比較している動画が公開されています。

動画の中の「WICO i6」は4.7インチのディスプレイを採用しており噂通りの薄さと丸みを浴びたデザインで、現在流出しているiPhone6の情報とかなり合っています。

WICOi6_pic01

iPhoneは御存知の通り中国で生産されてます。きっとiPhone6の情報は漏れてるだろうし、中国は真似するのは本当に細部まで真似するので、デザインの信ぴょう性はあり、iPhone6とほぼ同じなのでしょう!

iPhone6の確認をしたい方には参考にはなるが。。。「これで良いのか?」って言うレベルを超えてますね!しかも正々堂々と「アップルのロゴ」まで入っているのがわかります。

WICOi6_pic02

中国ではiPhone5Cの発売時にも、アップルの公式発売前に「Goophone i5C(グーフォーン・アイファイブシー)」としてこれも香港メーカー(Goophone)より発売されてます。

WICOi6_pic00

「Goophone」は、iPhone5のパクリ・スマホである「Goophone i5」を発する時に中国の知的財産権はアップルより先に取得していると発表し、アップル社が「正式iPhone5」を中国国内で販売したら、アップル社を訴えるとまでアピールしていた企業!加えて中国で「外国製のスマホは捨てて、国産のスマホを使おう!」などとアピールしてたのだから、呆れるのを通り越して頭に来ますね!

そこまで言うなら最初からオリジナル製品を作れば良いのに、全て真似しといてどの口が言ってるのかと思うけど、通用しないんでしょうね。。。

ちなみにこれらのパクリのiPhoneはデザインは極致していますが、中のOSはアンドロイドです。

日本でも端末の性能としては使えるでしょうが、中国製なので電波法なんて知ったことじゃない。そのため、国内では使用禁止です。WIFIで遊ぶぐらいは可能そうだけど。

ホントにやりたい放題!で、【厚顔無恥】も既に通り越している!何て言ったら良いのか言葉も見つからないです。。。

その問題のパクリiPhone6の実機の動画はコチラ↓


スマホの通信料が高いと感じてるなら「格安スマホ」があります。SIMフリーなので好きな端末も使えて便利です。

スマホの通信費を削減するなら「スマホ料金高い方の節約術」が参考になります。

関連記事

デオシークで本当に大丈夫なの?ワキガ対策にデオシークの本当の効果と実力

クロネコ ピンチ

愛猫が隣家の窓叩いて飼い主のピンチ救う! ネコの咄嗟の行動が話題

着るだけで痩せられる金剛筋シャツの本当の効果と具体的な活用方法

NY寒波が凄いけど、実は日本は世界最大の豪雪国でもっと凄い!

46歳で読モ!?46歳なのに18歳に見える美魔女って何?不思議過ぎるwww

最近のアラフォー&アラフィフティーはかっこいい!!