生活習慣病に効く!カラダに必要な油とは/食用油の危険性と選び方

健康や美容によいと注目される食用油。「油の摂りすぎはよくない!」と一言で片づけるのは、間違いです。実際には、油には人間の体にいい影響を与える効能がたくさんあるのです。

でもどの油がどういいのか分からない、、という人は、まず種類と特徴を知って、自分に合った油を見つけましょう。

食用油の種類

食用油の違いを知るには、まずその成分です。

植物油に含まれている注目される成分は3つあります。オメガ3系のαーリノレン酸オメガ6系のリノール酸そしてオメガ9系のオレイン酸す。

オメガ3系(αーリノレン酸)

青魚や紫蘇そして大豆から得られる成分です。

  • 亜麻仁油
  • えごま油
  • 青魚から取れる魚油

など

オメガ6系の(リノール酸)

紅花油など市販の食用油に多く含まれています。

  • サラダ油
  • コーン油
  • ゴマ油

など(※ゴマ油はオメガ6と9がおよそ半々で含まれます)

オメガ9系(オレイン酸)

オリーブやドングリなどの木の実に含まれている成分です。

  • オリーブ油
  • キャノーラ油
  • 紅花油

など

どれも代謝細胞の栄養源となり脂肪を燃焼する力があることから血液中の脂質濃度を下げる働きがあるといわれています。

そのため、生活習慣病の予防に効果があるとされています。

  • がん予防
  • アレルギー抑制
  • 動脈硬化、心筋梗塞
  • 美肌、アンチエイジング
  • うつ症状の緩和
  • アルツハイマー型認知症予防

など、他にも油がもたらす効果はたくさんあります。

油の理想的な摂取量

食用油

そこで、大事になってくるのが、摂取方法と、摂取量。特に注意すべきなのがオメガ6系(リノール酸)です。この成分は本来、体内に入ると体内組織にある酵素の働きを手助けする効果があります。

ですが、その半面として、使いやすいために最も使用率の高い油となり、その結果、内臓脂肪の原因となるトランス脂肪酸になりやすく、体にとって取り過ぎると害になります。現代の日本人の食生活の中で問題になっているのが、このオメガ6系の過剰摂取です。

その一方で、私たちに最も不足しているのが、オメガ3系(αーリノレン酸)です。オメガ3とオメガ6の理想的な摂取比率は、1:4と言われています。オメガ6を控えて、オメガ3を積極的に取り入れた方がよいそうです。

しかし忘れてはならないのが、オメガ6=悪い油ではなく、これもまた人間にとって必要な油なのです。

大切なのは摂取バランス

オメガ3系(αーリノレン酸)とオメガ6系(リノール酸)とオメガ9系(オレイン酸)は、どれもからだに取って良い効果もありますが、その半面として食用油の危険性は一つの油の種類を大量に取ることが問題なのです。

安全な選び方としてはこの内容に合わせて分散して取る必要があります。

オメガ3系(αーリノレン酸)とオメガ6系(リノール酸)は私たちの体内で自力に作り出すことは不可能なので、効率よく摂取したい場合はサプリで補うことをおすすめします。

亜麻仁油とアルガンオイルを含む100%ピュアオイルで生活を変えてみませんか!!
フラーガン
フラーガン
>>亜麻仁油サプリ専門のお店【フラーガン】の詳細はこちらから<<

関連記事

デオシークで本当に大丈夫なの?ワキガ対策にデオシークの本当の効果と実力

アンチエイジングやダイエットに効果のあるマカは女性の味方です♪

砂糖の恐さ

砂糖の依存性はコカインより強い! 砂糖と依存性

ブランディアの特徴と体験談について

suicaとpasmoは連携機能でもっと便利にできる!!

NY寒波が凄いけど、実は日本は世界最大の豪雪国でもっと凄い!