NY寒波が凄いけど、実は日本は世界最大の豪雪国でもっと凄い!

NYの寒波到来が凄いことになってますね!米北東部で猛吹雪でNYなど4州で非常事態警報が発令されている。

今年は異例の寒波で米全土の半分が積雪に見まわれ、あのハワイでも氷点下を記録した程のようです。

NY寒波
(参考:YAHOOニューズ)

最近の異常気象は様々な猛威を振るってます!これは環境の人類に対する警告でもあるので、真摯に受け止めて保全活動を行っていく必要があります。

一度、壊してしまった物は直すのには数倍から数百倍の時間がかかりますが、自分たちで行ってしまったものなので、じっくり環境保全をしていく必要があります。

日本は世界的な豪雪地帯であり、しかも100万都市まである!

NYの寒波がメディアで多く取り沙汰されていますが、実は日本は世界的に見ても有数の豪雪地帯であるってしってましたか?

 

日本は有数の豪雪地帯
(出典:www.jice.or.jp)

世界一の積雪記録は滋賀県で、なんと11メートルの記録があります。
日本の中でも滋賀県っていうのも意外ですね!

しかも日本の凄いところは豪雪地帯にも関わらず100万都市もあることです。

豪雪地帯に200万からの人間が住んでいる札幌のような街は見たことがない。
恐らく、こんな街は世界広しと言えども他にはないだろう。
確かに、札幌と同程度以上に寒い大都会は世界中にゴマンとある、
思い付くだけでもモスクワ、ストックホルム、シカゴ、トロント、北京、ソウル・・

しかしこれらの都市の中で札幌ほど大量の雪の降る街はない。

世界の地図帳をひもといて見ると、1月の降雪量が100ミリ以上になる豪雪地帯は

地球上でもごく限られており、スカンジナビア半島西岸、北米大陸の西岸(バンクーバー以北)、北日本の西岸、ニュージーランドの西岸、南米大陸最南端(パタゴニア)くらいしかない。
これらの地域のなかで、地下鉄が通り、きらびやかな繁華街を持ち、
人々が快適で整然とした近代生活を送れるような大都市は札幌以外にない。

(参考:日本は世界最大の豪雪国

さすが日本!凄いですね!!

札幌や新潟、富山など、豪雪地帯は日本に沢山ありますが、共存共栄できている!共存共栄が出ているから、対策もバッチリでニュースにもならないのですかね?

NYの寒波のレベルがわからないですが、日本の豪雪と比べたらどうなんだろう?準備不足で運行欠航が相次ぎニュースになる気もするのですが。。。

豪雪地帯でも地下鉄も運行し繁華街も活気があるシステムを維持している日本の技術に改めて感動しました。

関連記事

電気代などの光熱費を節約したい方から注目されているオール電化住宅のメリットとは

天然のバイアグラ『クラチャイダム』は幻の材料と言われる凄い成分が豊富!

ヨーグルトよりも有能!ケフィアでお腹から健康・美容にアプローチ

46歳で読モ!?46歳なのに18歳に見える美魔女って何?不思議過ぎるwww

WICOi6

アップルの公式発表前にiPhone6パクリを販売で逆提訴?

スイスショックに見る国内FXの追証システムの問題点