電気代などの光熱費を節約したい方から注目されているオール電化住宅のメリットとは

これからマイホームを建築する予定がある方は、外観や室内の設計を行うだけでなく電気やガスの手配も同時に行うことになるでしょう。

近年は省エネ住宅と呼ばれるエコを取り入れた住宅を新築する方が多くなっていますが、光熱費の節約にこだわるならオール電化住宅をおすすめします。

オール電化住宅とは

オール電化オール電化とはガスを使わずに全て電気でまかなう住宅のことで、一般的にはガスを使用するキッチンやバスルームでも電気を使って調理や給湯を行います。
電気とガスの両方を使うのではなく、オール電化にした場合のメリットを確認してみましょう。

電気とガスの両方を契約した場合はどちらにも基本使用料が発生しますし、当然使った分の料金も支払う必要があります。

調理の際に使用するガスの量は一年を通してそれほど変わることはありませんが、気温が下がる冬場になると入浴する度にかなりのガスを使用しますから数カ月間はガス代が家計の負担になるはずです。

その点オール電化の場合は一切ガスを使用することがないため、ガス代はもちろん基本使用料も支払わなくて良いのです。

調理と入浴で使用するエネルギーを全て電気にまかなおうとすると、電気代が高くなって一カ月にかかる光熱費の割合が家計を圧迫するのではないかと不安になる方もいるでしょう。

しかし賢く使えば電気代を節約することが可能になるため、ガスを併用するよりも全て電気にしてしまった方が得になるのです。

電気代を安く抑えるためには

電気代を安くするためには電気のプランについては個人個人が契約する電力会社によって違いがありますが、多くの電力会社がオール電化住宅向けの料金プランを用意しているので詳しい内容をチェックしてみましょう。

深夜電力を使うことで電気代が安く抑えられるようになるので光熱費全体が節約できるでしょう。

オール電化を導入することのメリットは電気代だけではありません。ガスコンロを使って調理をすると火災が発生するリスクがありますが、電力で作動させるIHクッキングヒーターの場合は常に火が燃え移る危険性がないため安心です。

オール電化の詳細を知りたい時は、オール電化・電気代が参考になります。

関連記事

スイスショックに見る国内FXの追証システムの問題点

砂糖の恐さ

砂糖の依存性はコカインより強い! 砂糖と依存性

ヨーグルトよりも有能!ケフィアでお腹から健康・美容にアプローチ

天然のバイアグラ『クラチャイダム』は幻の材料と言われる凄い成分が豊富!

生活習慣病に効く!カラダに必要な油とは/食用油の危険性と選び方

血管年齢とは何か!改善していかないと大変なことになる!?