砂糖の依存性はコカインより強い! 砂糖と依存性

砂糖の恐さ

「砂糖の依存性はコカインより強い!」って知ってましたか?

砂糖はニコチンや薬物と同じ強い依存症があり、

現代病でもある”肥満“や”糖尿病“の一番の要因です。

「砂糖」の取り過ぎは危ない!!ってのは知っていたとは思いますが

「依存症」があるとは知らなかったです。

 

キレイになるよりサトウ(砂糖)を選んでしまう!

確かにコカインより依存症が高ければ、流れてしまいますね!

身近にあるものだけに怖いですね!

驚くべき砂糖

 

『Fed Up』(米で公開中)の映画で「フード業界の真実」

とくに砂糖による健康被害をドキュメンタリーで描いて反響を呼んでいます。

肥満大国と言われる米国ですが、現在アメリカで売られている
加工食品の80%に砂糖が添加されているのが現状です。

米国では1980年から2000年の間に肥満率が2倍になっている

加えて米国では2015年までに国民の1/3が糖尿病になる。
さらに20年後には95%が肥満になると予測されています。

 

アメリカも本格的な肥満対策を講じているハズですが、

効果が無いのかな??
それ以上に砂糖「依存症」が強いってことですかね?

 

砂糖依存症になると「老化」も進んでしまう結果もあります。

砂糖を摂り過ぎると「AGEs」と言う物質が体内で増えるため

肌はシミやシワが増え、また内蔵や骨の老化も早まるとのことです。

 

加えて砂糖は身体の温度を下げる働きをするので、

最近増えている低体温症になりやすく、体温が低下すると

身体の代謝が落ちるので、身近なことでは風邪を引きやすく

なってしまいます。

 

「砂糖」とくに「糖」って怖いですね!

最近海外でブームになっている「日本食」は、こういう面でも考えられてます。

日本に住んでいるからこど、もう一度「日本食」の有り難さを感じて

日々の健康管理をして行きたいですね!

健康的でいつまでも若く居たいなら抗老化のアンチエイジンが良いです。

アンチエイジングで身体の内面から活性させて行けば、肌の老化も止めることができます。

「アンチエイジングでキレイにダイエット」が参考になります!

関連記事

スイスショックに見る国内FXの追証システムの問題点

電力自由化のメリットは電気事業者が比較して選べるようになること

suicaとpasmoは連携機能でもっと便利にできる!!

ブランディアの特徴と体験談について

NY寒波が凄いけど、実は日本は世界最大の豪雪国でもっと凄い!

家庭用蓄電池として蓄電池システムを設置するメリット